FC2ブログ
従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、 抗酸化作用が時間持続することが出来る画期的な健康食品が誕生しました。それが、マイナス水素イオン食品です。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「体もサビる?」って知ってましたか?
※食べる水素固体マイナス水素イオン

「体もサビる?」って

知ってましたか?…


「活性酸素」とは?



   赤ちゃんの、お肌って…

   みずみずしい透明感
   スベスベ…

  …何故か年齢を重ねるごとに



   ニキビ、シミ、シワ、抜け毛日焼け跡

    …何故なんでしょうね?




活性酸素とは、酸素が体内で変化し、電子が不安定な状態になったものをいいます。


すべての物質は原子から成り立っています。原子は原子核とそのまわりにまわる電子からできています。電子はペアになることで安定しますが、活性酸素はペアになっていない、はんぱ者の電子を持っています。このはんぱ者の電子は、ペアになろうと、周囲の物質から足りない分の電子を奪ってしまいます。この、ほかの物質から電子をうばうことが、酸化の正体です。


酸化によって電子を奪われた物質は、性質が変わってしまいます。たとえば、金属がサビたり、物が腐ったりするのも、酸化によるものです。この酸化が人間の体内でも起こり、老化や病気を招くのです。ほとんどの病気や老化現象には活性酸素が関与しているといっても過言ではないのです。

 ちなみに活性酸素は次のような時、体内で生れます。食べ物が体内の細胞でエネルギーに変わるとき、A呼吸をしたとき、B食品添加物が体内に入ったとき、Cストレスがたまったとき、?D紫外線に触れたとき、E喫煙、過度の飲酒、F悪い水・大気汚染、電磁波などです。  体内には活性酸素を無害化するSODという酵素があるのですが、SODのはたらきは、40才頃から衰えてしまいます。
 では、活性酸素の悪影響を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。


活性酸素の悪影響を受けないためには


活性酸素は、他から電子を奪って悪さをするのですから、電子を与える物質を外から供給すればいいのです。物質から電子を奪うことを『酸化』というのに対して、電子を与えることを『還元』といいます。
 そして酸化と還元は常にセットで起こります。活性酸素を還元する、つまり電子を与えた物質は、自らが酸化されます。だから、酸化されても有害化しない物質でないと、抗酸化作用があるとはいえません。


 赤ワインやお茶、カカオなどに含まれるポリフェノールや、ビタミンEやCなどは抗酸化作用をもつ物質です。しかしこれには少し問題があります。というのも、ビタミンEやC、ポリフェノールはたくさんの分子が結びついた質量の大きい物質です。一つの活性酸素を還元して無害化するために、その何百?何千倍もの大きな物質が必要になるわけです。したがって、体内で次々に発生する活性酸素に対して充分な抗酸化作用を得ようとすると、かなり大量にそれらを摂取する必要が出てきます。

効率のいい抗酸化物質『固体マイナス水素イオン』


そこで、固体マイナス水素イオンの登場です。固体マイナス水素イオンの正体は『H ̄』、つまり水素原子(H)に電子が一つ加わった陰イオンです。


水素原子と酸素原子
 すべての原子は決まった数の電子を持っていますが、本来の数より電子が多かったり少なかったりする状態の原子を、『イオン』といいます。電子の数が足りないものを陽イオン、余分にあるものを陰イオンといいます。

 水素原子はこの世で最も小さな物質で、ビタミンEやCの数百分の一の分子量しかありません。それでいて、酸化された物質を還元できる電子を同じだけ持っている「固体マイナス水素イオン(H ̄)」は、最も効率のよい抗酸化物質だといえそうです。


 しかし、固体マイナス水素イオン(H ̄)はきわめて不安定で、通常は気体や液体中にほんのわずかな量が一時的に存在するにすぎません。体内に入って抗酸化作用を発揮する前に消えてしまうため、食品として摂取することは不可能だったのです。それを特殊な製法で固体化し、活性水素水100L分相当の水素イオンを簡単に、体内に取り入れられるようにしたのが、固体マイナス水素イオン食品の『毎日水素』なのだそうです。固体マイナス水素イオンと活性酸素が酸化還元反応をした結果できるのは水(H2O)でから固体マイナス水素イオンはまったく無害というのです。

「固体マイナス水素イオン」はエネルギー代謝を効率的に促進


また、固体マイナス水素イオンは、体内でもう一つ大きなはたらきをしてくれます。それはエネルギー代謝の促進です。

 エネルギー代謝の主役はミトコンドリアです。炭水化物、脂肪酸、タンパク質などの栄養素は人体にある60兆個の細胞すべての中にあるミトコンドリアの中で燃焼(酸化)します。燃焼、すなわちエネルギー代謝は、クエン酸サイクルと呼ばれる反応回路の中でなされ、その時固体マイナス水素イオン(H ̄)が生じます。固体マイナス水素イオンは、ミトコンドリア内のNAD+と反応して、NADHをつくります。

  

 このNADHの介在なしには高エネルギー物質ATPは産み出されません。血液に溶け込んだ1分子の血糖(ブドウ糖)がクエン酸サイクルにより38分子のアデノシン三リン酸(ATP)に変換されるのです。

 つまり、固体マイナス水素イオンATPの生成に直接的にかかわり、細胞のエネルギー代謝を高めます。血糖の燃焼が促進され、新陳代謝が促され、活性酸素が中和・…される結果、自然治癒力が高まったり、自然に肌のハリ、ツヤもよくなったと感じる人も多いようです。


固体マイナス水素イオン(H ̄)のはたらき

エクセレントパートナーズの固体マイナス水素イオン 驚異の抗酸化力で活性酸素を無力化します 超抗酸化食品!食べるマイナスイオン!エクセレントパートナーズ固体マイナス水素イオン 対象となる人口(市場)は最大規模です!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://a001big.blog53.fc2.com/tb.php/24-91b8b1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。