FC2ブログ
従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、 抗酸化作用が時間持続することが出来る画期的な健康食品が誕生しました。それが、マイナス水素イオン食品です。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 不可能を可能に!固体マイナス水素イオン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

マイナスイオンは、優れた抗酸化力を持つといわれている
コエンザイムQ10や多くのSOD食品、抗酸化食品と比べても
非常に高い抗酸化パワーを持っています。


しかし、マイナスイオンはきわめて不安定なので、
通常は気体や液体中にほんの一時的にしか存在することができません!

そのため、

体内に入っても抗酸化作用を発揮する前に消滅してしまうため、
食品として摂取することは不可能でした。




それを特殊な製法でサンゴカルシウムに吸蔵することで固体化し、
体内に取り込んだあとでも効果を発揮することができるようにしたのが


固体マイナス水素イオン」です。
~~~~~~~~~~~~~~~


持続的に発生させることが不可能といわれてきたマイナス水素イオンの
限界を打破し、7~8時間にわたって発生し続けることができるようになりました!

この技術は、及川胤昭博士により開発されました。



及川胤昭博士は、生殖免疫学の権威者のひとりです。

1973年に英国科学誌「ネーチャー」に巻頭論文を掲載し
世界の専門家の脚光を浴びました。

1986年に科学誌「ニュートン」に発表した論文は
「受精の瞬間を演出するメカニズム “細胞に生命が宿るとき”」という
斬新な内容で、学会における及川博士の名声を不動のも のにしました。


マイナス水素イオンは、博士の長年の研究の集大成として生まれたものです。



及川胤昭博士発明のエクセレントパートナーズ固体マイナス水素イオン 固体マイナス水素イオン健康法詳細はこちらから固体マイナス水素イオン健康法・エクセレントパートナーズビジネス情報請求はこちらから


固体マイナス水素イオンは、特殊製法によりマイナス水素イオンを天然のサンゴカルシウムに閉じ込め、固体化したものです。そのため、体の中の水と反応して7-8時間もかけてじっくりとマイナス水素イオンを放出し続け、継続的に抗酸化力を発揮します。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。